TAMAGAWA SEIGAKUIN GIRLS' JUNIOR&SENIOR HIGH SCHOOL

Q&A 中等部編

1.キリスト教についてまったく知らないのですが、なじめるでしょうか。

生徒の80%以上は、本校に入学してはじめてキリスト教を学びます。
入学ガイダンスのときから少しずつ聖書や讃美歌に慣れていくので安心してください。

2.学校で行う礼拝はどのような内容なのですか?

パイプオルガンの調べに合わせて讃美歌を歌い、司会の生徒が祈り、聖書の言葉に耳を傾けます。
授業を始める前に心を整え、神への感謝と期待によって一日をはじめます。

3.入学したら、教会に行かなければならないですか?

キリスト教のミッションスクールですから、ご自宅近くの教会で行われている礼拝への出席を奨励しています。
大抵は、日曜日の午前中1時間程度です。特別なご予定などある場合は、ご家庭のご都合を優先してくださってかまいません。
お近くのキリスト教会を学校からご紹介もできます。

4.クラスの人数はどれぐらいですか?

中等部は1クラス30名前後です。英語、英会話、数学ではさらにクラスを分けて少人数授業を行っています。

5.クラブ活動は活発ですか?

中等部では全員がクラブ活動等の課外活動に参加します。
仮入部期間にいろいろなクラブを体験してやりたいことを選ぶことができます。

6.昼食はどこで食べることができますか?

昼食を食べる場所は、各ホームルーム、2階のラウンジ、屋上の他、English Loungeでネイティブ教師と英会話をしながら食べることもできます。飲み物の自動販売機、無料の給茶機が各階にあり、昼休みにはラウンジでローソンの出張販売もあります。

7.補習などはありますか?

学習支援には特に力を入れています。定期試験でふるわなかった生徒には、土曜日に卒業生がTA(Teaching Assistant)として個別に優しく指導しています。その他、再試制度や再試のための補習、毎週・毎月ある小テスト等、基礎学力の定着や授業理解の徹底を図る制度や手厚いサポートをしています。

8.カウンセリング制度はありますか?

思春期には人間関係で悩んだり疲れたりすることもあります。
担任をはじめとした教師たち、カウンセラー2名、養護教諭2名が、丁寧に生徒に関わりながら、自分のペースで学校生活ができるようにサポートしていきます。

9.生徒の安全対策はどのようにしていますか?

常時警備員が正門におり、監視カメラ、警備センサーを備えています。
校舎は、耐震構造、バリヤフリーにしており、災害時のための備蓄も最低3日分を完備しています。

10.携帯電話やスマートフォンについての規則はありますか?

東日本大震災以降、保護者との緊急連絡のために携帯電話等の所持を認めました。
校内では使用は認めず、授業中は担任が通信機器を預かります。登下校時も保護者との連絡以外の使用は禁止しています。
生徒たちの学業への集中、よい人間関係の体得、安全な学校生活のために、ICT教育への保護者のご協力をお願いします。

ページトップへ