TAMAGAWA SEIGAKUIN GIRLS' JUNIOR&SENIOR HIGH SCHOOL

教育方針

自分のこと、好きですか。

他の人とは比べることのできない、自分自身のすばらしい価値。
そのことに目が開かれること、心が納得すること。
―それが、玉川聖学院で生徒が学ぶ最初の一歩です。

神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。(創世記1章27節)

玉川聖学院の教育方針は、3つの柱に分けられます。

社会で活躍できる女性の育成
かけがえのない私の発見
神はひとり一人の人間を価値ある存在として造られました。
人からの評価や数字では人の価値は左右されません。
このことを気づくことが、学ぶ意欲、生きる力を人に与えるのです。

違っているからすばらしいという発見
自分のすばらしさを認めるとき、他の人のすばらしさにも気づきだします。
人と自分の違いは、一緒に協力して、みんなが豊かになるためのものです。
人との関係を育む中で、人間は成長し、共に生きる力を身につけるのです。

自分の可能性、使命の発見
ひとり一人に、すばらしい可能性がすでに与えられています。
それを発見し、他者のため、世界のために役立てる喜びを知るときに、
自信を持って自分を最大限生かしていくことができるのです。

玉川聖学院で学んだ卒業生は、自分の力を信じながら、人と協力して生きていく力を身につけます。

ページトップへ