玉川聖学院の歴史

1959年北校舎完成当時
創立者 谷口 茂壽

1950(昭和25)年、私立学校の再建を依頼されたキリスト教の指導者であり牧師であった谷口茂壽は、「流れのほとりに植えられた木の、時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなす所は皆栄える」(詩篇1:3)の聖句を示され、「戦後の日本を健全な国家として再建するためには、若い女性にキリスト教教育を!」という強い思いで、アメリカ・インディアナ州にあるチャーチ・オブ・ゴッド(神の教会)の協力を得て、同年9月に、「玉川聖学院」をスタートさせました。

1950
玉川聖学院発足
1951
アーサー・アイキャンプ理事長就任
1965
創立15周年記念式典
この頃までに校舎建築(旧校舎)ほぼ完成
1973
谷口茂壽逝去、
フィリップ・キンレイ学院長就任
1980
創立30周年記念式典
この頃までに現在に続く学校行事、校外授業が完成
1984
体育館、谷口記念礼拝堂完成
1986
フィリップ・キンレイ理事長就任
1990
創立40周年記念式典 学則変更で中高一貫体制完成
1998
フィリップ・キンレイ名誉学院長就任
1999
バーナード・バートン学院長・理事長就任
2000
50周年記念式典
ホームルーム棟完成
2004
新校舎全面完成
2010
60周年記念式典
2011
学習センター完成
2013
安藤理恵子学院長就任
フィリップ・キンレイ名誉学院長
パイプオルガン
バーナード・バートン理事長
現在の校舎